研究・開発報告

10月のPLANTS DESIGN 2021

こんにちは、代表のマックスです

先月の報告に引き続き

2021年10月の研究・開発報告です

湿生植物専用ポット
デザインがまとまってきたので

10月は
育成する植物の特徴や管理方法にあわせた

plants design

カップのサイズやスタンドの脚の長さの最適な組合せを

実際に使用しながら

plants design

検証をすすめています

こちらは
クリプトコリネ
ソイルを使っての育成検証です

plants design

植栽:クリプトコリネ・ペッチー
用土:ジャングルソイル/ADA
ガラス水槽:W20xD20XH30/ADA DOOA

植栽から2週間ほどでカップの下から根が出てきました
順調に育っているようです


半年以上経過している
水苔での育成検証はこちらの記事にあります

こちらは
ブセファランドラ

plants design

植栽:ブセファランドラ・クダガン
ガラス水槽:W15xD15xH17/aqulo
用土:ジャングルソイル/ADA

自生地(渓流)を想起させる水は
ブセの魅力を引き立ててくれるように思います
こちらも新芽の展開が確認できました

こちらは
小型の着生ラン

plants design

植栽:セラトスティリス・フィリピネンシス
ガラス水槽:W15xD15xH25 /ADA DOOA
用土:水苔


着生ランならではの逞しい根を魅力的に演出する方法はないか模索中です
ランに関しては育成経験が浅いので
まだまだ勉強中です

こちらはベゴニア

plants design

植栽:ベゴニア・クアドリアラータ
ガラス水槽:W15xD15xH17/aqulo
用土:ジャングルソイル/ADA

子株に限れば
空中湿度が高いこの管理方法に
マッチしているかと思いますが
成長してきた時の葉と容器のバランスが
少し心配です

こちらは多肉植物

plants design

植栽:アストロフィツム
ガラス水槽:MARU/ADA

プランツスタンドで管理していたものを
試しにADA/maruにあわせてみたのですが
サイズもデザインもピッタリでした

あとは
常に課題になっている
このプロダクトにとっての
最適な樹脂
に関しても

精度、強度、耐久性、コストなど

plants design

検証・実験を進めております

今月は以上です〜

ABOUT ME
マックス(竹内一馬)
PLANTS DESIGN 代表 京都精華大学デザイン学部 教員 京都精華大学水槽学部 部長 自然から学び 心地よく豊かな暮らすべく 水景制作やプロダクト開発を通じて デザインや表現について 探究しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA