研究工房について

理念

「植物から学ぶ」

植物を育てる人が増え
植物を育てる場所が増え
植物と関わる時間が増え
植物から学ぶ事が増え

人の暮らしが豊かになるように

PLANTS DESIGNは
「植物と人との関わりをデザインし、豊かな暮らしを創造する」事を目的とした研究工房です。

代表/デザイナー:竹内一馬(通称マックス)

(株)IMAGICAデザインチームに所属し、デザイン・映像制作に携わる。その後、映像・音楽の企画制作会社を経て映画会社日活に入社。映画・TV番組・アニメーション作品等のプロデュースを中心に活動。2008年に京都精華大学デザイン学部教員として就任。2010年から京都精華大学水槽学部(部活動)の部長として、水景制作から学ぶデザイン教育を研究中。 水槽をキャンバスとする「水景画」を模索、研究、実践する水草レイアウター集団 CAJ「Creative AquaSacape Japan」所属。2018年より研究工房「PLANTS DESIGN」を設立。

京都精華大学
京都精華大学水槽学部
CAJ(Creative Aquascape Japan)