研究・開発報告

8月のPLANTS DESIGN 2021

こんにちは代表のマックスです

8月の研究・開発ダイジェスト報告です

8月は湿生植物用プランターの骨格となる
プランツスタンド(園芸用スタンド)の調整に力を注いていました

調整ポイントは2つ

・サークルとバーの接続方法の選定
・強度と意匠性の強化

この2つを
順を追って報告させていただきます

<サークルとバーの接続方法の選定>

開発当初からはめ込み式だった接続箇所なんですが

plants stand

樹脂という素材から繰り返し使っていると緩んでくる事や

単純な構造すぎて
ひっぱると抜けてしまう
接合面積が少なく
グラつきがあったため

plants stand

新しい方法をさぐってみました

既製品のスタンドでは

plants stand

ネジが採用されているケースが多いので

まずはそれにならい

plants design

ネジを研究

出力サイズの微調整によって

plants design

ネジも上手く出来たんですが

ただネジは面同士の接地面が多く
(それがネジの特徴なんですが。。。)
繰り返し使用していると
樹脂の摩耗が激しいのが心配になり

plants design

接地面を広くとりながらも
摩耗が少ない構造はないか
他の接続方法をリサーチ

最終的に
はめ込んでひねって固定する

plants design

スライドロック機構を採用

この着脱が気持ちよくて

繰り返し意味もなく
着脱してしまいます

2つ目は
<強度と意匠性の強化>

接続箇所を

plants design

有機的な形状に変更し

バーの太さや形状を調整

plants design

安定性をアップ

このような

plants design

スタンドが

こんな形に

plants design
plants design

アップデートされました

今月は以上です〜

ABOUT ME
マックス(竹内一馬)
PLANTS DESIGN 代表 京都精華大学デザイン学部 教員 京都精華大学水槽学部 部長 自然から学び 心地よく豊かな暮らすべく 水景制作やプロダクト開発を通じて デザインや表現について 探究しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA