植物語り

ムカゴから育てる 蒔いてから5ヶ月

こんにちは、代表のマックスです

以前、アップした
ムカゴから育てる

自宅で育成中の株から採取した
ピグミーモウセンゴケ マンニィのムカゴの
発芽から2ヶ月までの様子
を紹介させていただきましたが

あれからさらに3ヶ月ほど経過したので
近況をお伝えさせていただきます

こちら前回のブログアップから3ヶ月後のようす
プランター上面図

ピグミーモウセンゴケ

ほとんど親株に近い状態まで育ちました
(2月上旬に蒔いたので5ヶ月程経過したことになります)

成長したとはいえ
存在を知らなければ見過ごしてしまうほどの大きさ


メチャメチャ可愛いです

こちらは
粘毛が開き始めの株

ピグミーモウセンゴケ

グーからパーに変化する
モーフィングアニメーションのよう
姿形が変わっていく様子は見ていて飽きません

こちらは
成長の早い株

ピグミーモウセンゴケ

粘毛が完全に開いて

粘液がつき始めています

ピグミーモウセンゴケ

粘液のつき方から
良好に育成していることがわかります

2月の

ムカゴ蒔きから

室内管理して5ヶ月

ピグミーモウセンゴケ

元気に育成中です

引き続き、育成状況見守っていきます

ABOUT ME
マックス(竹内一馬)
マックス(竹内一馬)
PLANTS DESIGN 代表 京都精華大学デザイン学部 教員 京都精華大学水槽学部 部長 自然から学び 心地よく暮らすべく 水景制作やプロダクト開発を通じて デザインや表現について 探究しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA